So-net無料ブログ作成
検索選択

絵を付けるのもめんどーだぜ!

959-01.jpg

959-02.jpg

959-03.jpg

959-04.jpg

959-05.jpg

959-06.jpg

959-07.jpg
nice!(6)  コメント(36) 
共通テーマ:ペット

nice! 6

コメント 36

開業9年目獣医

良いんじゃないでしょうか。

患者さんを見てますと、「まさに類は友を呼ぶ」を実感します。良いな(というか合うな)と思う患者さんの紹介は良いなと感じますし、好きじゃないな(合わないな)という患者さんの紹介はやっぱり好きじゃない、、、と思います。

合う人に来てもらえれば良い思います。好きじゃない人は自分に会わないだけで、その人に合う他の先生にみてもらったほうが、お互いにとって良いのではと考えています。またストレスを減らした診療のほうが生産性は上がると、何かのセミナーで。

好きじゃ無い人は来なくなってくれたほうが”お互いにとって”良いと思ってます。

by 開業9年目獣医 (2017-03-02 15:24) 

ING

僕なんて翼状針とシリンジでやっちゃうので1〜2分で終わりますがwww

「皮下補液」を「皮下点滴」って言うのも違う派なんですが、なんだか自然落下でやたらゆっくりやる先生方、いらっしゃいますよね〜。
by ING (2017-03-02 17:33) 

ラスカル

うちは50cc以下の皮下補液はほとんど行いませんので、すべて自然滴下でやっています。メディクイックはほしいところです。
おばちゃまは男性獣医にとっては全体的に下手に出れば対応しやすいようですが、女性獣医にとってはどうにもならない方はどうにもならないようですね。そんな時は診察を変わるようにしています。でもおばちゃまに信頼された女性獣医は無敵なような感じがします!
by ラスカル (2017-03-02 18:47) 

aizawa

 開業9年目の先生。
 知ったかぶって、自分がこーだから他も同じだろうっていうのを他人に押し付けるヒトって、なんだかやっかいなんですよね。
 ちょっと治るのに時間がかかると、「わたしの子もそんな病気ですぐ治ったから、うちの病院紹介してあげるよ」とか。
 まぁ、ドラマとかによくあるお見合いを勧めるおばさんのようなものなのでしょうね。
 別に来なくなるのはいいんですけど、間違ったことを悪い噂で広められるのが悔しいです。


by aizawa (2017-03-02 18:55) 

aizawa

 ING先生。
 病院でそれぞれやり方があるのは当たり前のことなんですけど、患者さんにしてみればそれ以外の方法はないのかもしれませんね。
 スタッフがたくさんいれば、自然落下で時間がかかってもいいのかもしれませんけど。


by aizawa (2017-03-02 18:55) 

aizawa

 ラスカル 先生。
 この仕事をやりだして、この仕事はこんなにもヒトとの付き合いが重くのしかかって来るものだと初めて気付きました。
 疑ってるヒトって、最初っからその態度で分かりますものね。まぁ、それを乗り越えれば逆に信頼関係が築けるのかもしれませんけど、そんな元気もなくなっちゃいました。


by aizawa (2017-03-02 18:56) 

ゲーマー獣医

こまけーことはきにすんな!!

メディクイック 最近のは結構丈夫なんだけど
昔はよく壊れたモンだて・・・
by ゲーマー獣医 (2017-03-02 19:09) 

オフリー

おかしなおばさんどころか、怒りっぽいおじいさんや、なにがどうなったのかもしゃべれないお兄さんや、しゃべりすぎてかえって混乱するおねえさんや、いろいろ来院されます。

いちおう私もおばさんなので、おばさんをかばってみました。
by オフリー (2017-03-02 19:14) 

どくたけ

お疲れ様です。
お察しいたします。

ま、実際に皮下補液すると、びっくりする飼い主さんもいましたっけ。
どこで情報仕入れたか、「治療法に納得いきません!」とか行ってきたのもいたな。
そんときゃ、他の患者さん待ってもらって、小1時間話し合ったっけ。
納得して帰ってったけど、0円。
ちっともプライスレスじゃないorz

でもま、いろいろあって、患者サイドに立って見て、
「何をすればこの子に優しい治療してもらえてるのか?」
って考えた末、うちもING先生のように、
「翼状針&ですぽ」に落ち着きました。

で、話蒸し返してすんませんが、
「MTの白に黒いもん貼って、レコモンで、スカート赤くして、云々」
っつうたら、「現物でなければ、うちでは今、最低半年待っていただいてます」って言われたをw
by どくたけ (2017-03-02 20:22) 

aizawa

 ゲーマー先生。
 ゴム管のつなぎ目にタイラップで抜けないようにするのは必須ですね。


by aizawa (2017-03-02 20:58) 

aizawa

 オフリー先生。
 ほーんとに、色々なヒトが来ますねぇ。
 そして、色々なドラマを見せてくれます。
 小説でも書いたらネタには困らないだろうなって...、このブログも一緒ですね。


by aizawa (2017-03-02 20:59) 

aizawa

 どくたけ先生。
 「動物だとこんな方法があるんですね」って、納得する方がほとんどなんですけどね。
 ウサギだと翼状針にディスポなんですけど、力一杯圧すと手がプルプルになります。

 最低半年なら早いのでは?
 わたしはそれ以降って言われました。
 先生のとこで買おうかな?(笑


by aizawa (2017-03-02 20:59) 

Big-1

四半世紀前の開業時から使ってます。

バックそのものはけっこう持つのですが、最近のは加圧用のゴム球の品質が低下したのか、すぐに調子悪くなります。

ですから自転車用のフットポンプを改造したのを私用して、最初の加圧はするようにしてます。
by Big-1 (2017-03-02 21:10) 

aizawa

 Big-1先生。
 補液してるときに飼い主さんと話すことがなくなっちゃうと、手持ち無沙汰からついどんどん加圧しちゃうんですよね。

 先日、バッグ部分に針を刺しちゃいました。
 ああ、まだ新しいのにこれでエア漏れ起こして使えないのかぁ、なんて悲しんだんですけど、なぜか普通に使えています。


by aizawa (2017-03-02 21:33) 

ゲーマー獣医

ヒトの緊急輸血なんかだと
メディクイックで足りないときは看護師さんに
手で輸血バッグ押し潰して貰うみたいですね
そういえばBig先生のいわれるようにゴム球の品質低下というか
ゴム球に付いてる空気を吸う一方弁の品質下がったみたいですね
ゴム球が凹んだまま戻らなくなる(>_<)
by ゲーマー獣医 (2017-03-02 23:49) 

aizawa

 ゲーマー先生。
 古くなると弁の玉の入ってるとこによくCRCスプレーしてます。
 戻らなくなるのは直りますけど、エアが漏れます。(T-T)


by aizawa (2017-03-03 00:25) 

あつよん

ウチは18Gの自然落下で、150ccくらいだと5分以内ですけどねえ。その間、世間話するの楽しいです。性分ですかね。

変な人は来てもらわなくて結構!と極力冷たく接しています。
やっとこなくなったと喜んでるとしばらくして舞い戻ってきたりしてがっかり、とかあります(^_^;)

by あつよん (2017-03-03 07:56) 

タンダ

メディクイックや類似品での皮下補液は否定はしませんが、私の好みではありません。
ネットで一つの治療手段の短所を提示するとその治療手段の長所が掻き消される可能性があるので、私が好みでない理由は割愛しますが、メディクイックの存在を知っていてもあえて採用しない獣医師がいるのも知っていてほしいところです。

メディクイックって意外と高価ですよね。ちなみにメディクイックの類似品は、確かメディクイックの半額以下だったような気がします。。。
安い製品って、それなりなんでしょうか。

以前脱水のある腎不全に、定期的な皮下補液を勧めたところ、「人間ではそんなことしません!」って治療を否定された飼主(人間の医療関係者だったみたい)がいらっしゃいました。
人間の腎不全と犬猫の腎不全の病態の違いを説明しましたが、その方には理解できなかったようです。残念なことでした。

人ってそれぞれの価値観の中で生きているので、それを修正するのって難しいですよね。
by タンダ (2017-03-03 08:41) 

aizawa

 あつよん先生。
 大型犬だと18Gですけど、小型犬だとせいぜい21Gです。
 18Gだと、わたしが痛そうで、刺す時に一瞬躊躇しちゃいます。

 頻繁に通ってるヒトだと会話のネタが尽きてしまい時にはしーんとすることも。
 ヒト嫌いが開業すると、こんなものですね。(笑


by aizawa (2017-03-03 09:04) 

aizawa

 タンダ先生。
 今回の件では、第3者が理由を確かめることなく自分の判断でひとつの行為を否定してそれを広めていることを嘆いているのです。
 たとえ皮下であっても急速に入れない方がいいなど、いろいろ考え方や好みがあると思うので、それぞれの先生のやり方を否定しているわけではありません。
 わたしの好みをここに来ている先生方に押し付けるつもりは全くありませんし、好みでない理由があれば、ここに書いていただいても構いません。
 色々な意見を聴くことが出来れば、みなさん勉強になるのではないでしょうか。

 メディクイック自体、単に圧力をかけるだけですので、安いものでも効果は一緒なのではないでしょうか。わたしの場合は、いろいろな点滴のバッグのサイズに対応出来るのでそれを使用しています。


by aizawa (2017-03-03 09:06) 

ゲーマー獣医

>>タンダ先生
長所短所・肯定否定どっちもありですよ
様々な意見が聞けるのが楽しいですし
全員が「右へならえ」なのは逆に気持ち悪い

それぞれの先生たちがそれぞれの判断で
ご自身の責任の下に行われているんですから
私は喜んでお聞きします

by ゲーマー獣医 (2017-03-03 13:15) 

ゲーマー獣医

ゴム球の部分って生ゴムですよねー?
なんかCRCのような潤滑油って生ゴムの劣化を
速めそうな気がして(気のせい?)
CRC使うのためらっちゃいます

by ゲーマー獣医 (2017-03-03 13:19) 

aizawa

 ゲーマー先生。
 お尻のところの金属部分にほんのちょっとだけ。
 劣化が心配なら、シリコンスプレーでもいいかも。
 でも、滑りがよくなり過ぎて、そこからエア漏れ。(T-T)


by aizawa (2017-03-03 14:29) 

ING

>タンダ先生

私は皮下補液する時は病態の違いではなく、皮膚構造の違いと入院ストレスについてお話します。
病態は犬と猫でも違いますし、特に犬では猫ほど皮下補液の恩恵はないケースが多いですよね。
by ING (2017-03-03 17:57) 

腰痛

疲れますねこういうの;;
正解を一つしか持たない患者さんの相手は本当に疲れます。
でも確かにこちら側の知識は一般的でない場合もあるので、そういう見方もあるなと必死で言い聞かせキレないようにこらえます。
まあ患者さんにキレることのできない人間なのですが…
by 腰痛 (2017-03-03 18:04) 

タンダ

aizawa先生、ゲーマー獣医先生、私の言葉足らずで誤解させてしまったようで申し訳ございません。
「メディクイックの存在を知っていてもあえて採用しない獣医師がいるのも知っていてほしい」のは獣医師の方々に対してではなく、このブログを見ている(飼主として動物病院へいらっしゃる)獣医師以外の方々に対してのつもりでした。
獣医師の方々には、治療手段にバリエーションがあり一つ一つに長所短所がある事は、すでに理解していただいていると思います。

このブログを見ている飼主さんにも、考えてほしいのです。飼主さんが疑問に思う点があるのなら、自身で担当の獣医師になぜその治療手段を選択しているのかを問い合わせることが大切だということを。
その獣医師の考えに納得の上で治療を受けていただいた方が、お互い幸せであろうと思います。


ING先生、その方は「腎不全 イコール 無尿」と勘違いされていたようです。犬猫でも無尿の場合の補液が難しいのはわかりますが、その動物は排尿しているからこそ脱水していた様子でしたので補液をおすすめしたのですが理解していただけませんでした。
私の説明が下手くそだったんだろうなって、反省です。
by タンダ (2017-03-03 18:37) 

aizawa

 腰痛先生。
 どんな意見もそのヒトの個性だと考えて大きく包み込むことが出来れば、世界がかわるかもしれませんね。
 押し付けるのではなく、受け入れる...。

 まぁ、わたしには、到底無理だけど。(ノ_-。)シクシク


by aizawa (2017-03-03 19:13) 

aizawa

 タンダ先生。
 わたしのブログはそーたいしたアクセス数があるわけじゃないですし、一般の飼い主さんから信用を得られるような内容のブログではないので、まーなんなんですけど...。
 飼い主さん向けのメッセージであれば、選択しない理由も書かれた方が飼い主さんも納得するのではないかと思うのですけど。
 「うちの先生は、こーいう理由であえて使わないでいてくれるんだ」って、安心出来ると思いますよ。
 動物のことを考えた上での方法の違いが、いろいろあっても全然おかしくないですものね。 


by aizawa (2017-03-03 19:14) 

気まぐれ獣医さん

実は、きのうゴム球がひび割れたのでそこだけ取り換えました。

シグ〇で、ゴム球+20センチくらいのゴム管が付いたものが3000円くらい。←高!!

で、注文した後に楽〇市場で700~800円でゴム球部分のみが売っていました。

良く調べてから買えばよかった・・・。

ヒトではあの量を皮下にうつことはないでしょうから、普通に考えたらビビりますよね。
by 気まぐれ獣医さん (2017-03-04 01:15) 

どくたけ

>ヒトではあの量を皮下に
そういえば、その昔、ヒトでもあったな・・・
・・・リンゲル注射ってのが・・・
・・・大腿部にぶっとい針さして・・・
やられた身としては、とにかく痛かった記憶がありますわw
蒸しタオルを大腿部に乗っけてたんは、血行を良くするためだったんかな?
今でも、介護医療の現場では、翼状針で背中に入れるって話を聞いたことがあるな。
痛いとは言えない人たちだからかな・・・
そう思うと、頸背部の皮下がルーズな犬猫たちは、あの治療法を受けても、それほど痛くはない(だろう)から、いいよね。
by どくたけ (2017-03-04 08:38) 

aizawa

 気まぐれ獣医の先生。
 麻酔機のバッグはパンク修理パッチで直したことがあるんですけど、ゴム球は修理が難しそうですものね。
 3000円でも新品を買うことを思えば安いですけど、大きくそれを下回るものが目に入ってしまうとやっぱり悲しい...。
 補修パーツが出てるだけでも、ありがたいですけどね。


by aizawa (2017-03-04 08:58) 

aizawa

 どくたけ先生。
 代診の時に補液してた動物の飼い主さんが同じこと言われてた記憶があります。
 大腿部に入れられてちょー痛かったって。
 ほんのわずかの量のインフルエンザの注射でも、入ってきたのが分かるときありますものねぇ。


by aizawa (2017-03-04 08:58) 

ラスカル

現在ではかなり亡くなられてお話しはなくなりましたが、戦争体験した飼主様が血管点滴できないので、うち太ももに皮下点滴して、めっちゃ痛かった!っと何名かおっしゃってました…。あんなに痛いんかい?といつも聞かれてたのが記憶に残ってますが、今どきの獣医師さんたちも戦争とは縁遠い時代に突入しているのでしょうね…。戦争を知らない世代が戦争を始めないでほしいな…。話が違う方へ行っちゃいましたが、犬も猫も血管点滴や入院が選択できない時には結構な量の皮下点滴は有効ではないかと考えている獣医です。
by ラスカル (2017-03-04 23:44) 

aizawa

 ラスカル先生。
 わたしも脱水具合に合わせて結構な量(痩せたネコだとバランスを崩したり)を入れるのですけど、ちゃんと耐えてくれるし、効果も出ますね。
 肩甲部と腰部、2カ所に入れたこともあったなぁ。


by aizawa (2017-03-05 00:54) 

ゲーマー獣医

ゴム球だけ・・・四国カタログの血圧計などのページにあった(^_^;)
えらく安かった(>_<)
by ゲーマー獣医 (2017-03-07 13:32) 

aizawa

 ゲーマー先生。
 「血圧計、ゴム球」で検索すると、いっぱい出てきますね。
 なーんだ、こーやって買えばいいんだ。


by aizawa (2017-03-07 14:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。