So-net無料ブログ作成

絶望感とか

991-01.jpg

991-02.jpg

991-03.jpg

991-04.jpg
nice!(3)  コメント(8) 

nice! 3

コメント 8

開業9年目獣医

あるある。

昔は保体のせいにしたなぁ…


by 開業9年目獣医 (2017-04-29 16:57) 

aizawa

 開業9年目の先生。
 針を刺したとたんに血管が消えたりするんですよね。(笑
 それが迷宮への第一歩…。


by aizawa (2017-04-29 17:33) 

どくたけ

うんうん・・・血管・・・ペタってねw
今日は午前中だけ仕事だったんですが、CBCとかいうの3件。
なんて事のない子は飼い主さんに見える位置にいていただくんだが、これはどうかなってケースでは飼い主さんには待合室でお待ちいただいております。
あ、ザク!ザク!(シャー!)って、失敗をイメージしてではなく、飼い主さんが目の前にいると甘えてどもこもならん子たちを落ち着かせるためですよ^^;
あと、最近、もう、メガネ外してやっておりますわぁw
老眼には、勝てんorz
by どくたけ (2017-04-29 18:17) 

aizawa

 どくたけ先生。
 時々飼い主さんの方から、「私はいない方がいいので」って診察室から出て行ってくれる場合があるんですけど、ちょーありがたいです。

 最初は血管がはっきりと見えてるんですけど、いざ針を刺そうとすると視野がぼやけてくることもあるんですよ。
 何故でしょうね。緊張からのストレスでそーなるんでしょうかねぇ。(笑
 まだフィラリアの採血だと少量でもなんとかなりますけど、CBCとか生化学とかに必要な量を2キロないようなチワワから採血なんて時は、もー緊張感マックスで倒れそうになります。

by aizawa (2017-04-29 19:09) 

オフリー

私は、老眼の始まりの時に採血スランプになり、ヘッドライトつけたり、試行錯誤しましたが、結局、よくあった眼がね、毛を刈る、保定スタッフに気合いをいれるなどで、もとにもどりました。
その時もよく、いざ入れようとするとぼやけました。きっと虹彩が頑張ってつかれているんですよ。
by オフリー (2017-04-29 19:28) 

aizawa

 オフリー先生。
 わたしはゲームのやり過ぎで確実に眼は悪くなってると思います。
 病院に引きこもってることが多いので、いざ外に出ると遠くにピントが合わなかったり、外から戻ると今度は部屋の中が見にくかったりと、おっしゃるとおりピント調整がお疲れなのでしょうね。
 眼鏡屋さんに行って来ようかなぁ。でも、だからといって採血がうまくなるわけじゃないですよね。(笑


by aizawa (2017-04-29 21:24) 

ラスカル

今は何といってもこちらのストレス軽減のために別室へお預かり
採血です!
代診の時は何度も飼主さんの前で脂汗かいたな~
50にもなってあの体験はもういやです。
若いころは「診療の透明化」を目指していましたが、採血だけは
ご勘弁ください…。
by ラスカル (2017-04-30 22:58) 

aizawa

 ラスカル先生。
 ホントに、飼い主さんの目の前で色々な処置をするのは精神衛生上よくないですね。
 代診の時は診察室から処置室へ預かってやったりしてましたけど、自分で開業してからはスタッフ不足からどうしても飼い主さんもあたま数に入れないといけないんですよね。
 抗がん剤投与とかも原則飼い主さんと一緒なので、そのための留置のことを考えると予定の3日前くらいから胃が痛くなります。(笑
 
by aizawa (2017-04-30 23:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。